地域の自立した健康づくりを支援

講座・講演会告知

  • HOME »
  • 講座・講演会告知

現在、参加者募集中の講座・講演会情報です

2016年12月18日(日)発達障がいシンポジウム2016 in Gunma
【終了しました】

~新しい枠組み中を創造しよう!~

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

下記お申込みフォームよりお申込み下さい。
お申込みフォーム ⇒https://goo.gl/Nsbxzz

*********************

日 時:2016年12月18日(日)
13:30~16:30(開場 13:00)

会 場:群馬県社会福祉総合センター 大ホール 8階
〒371ー0843 群馬県前橋市新前橋町13-12
http://www.gswc.or.jp/ggswc/index.html

定 員:300名(残席150名) 11月4日現在

参加対象者:「発達障がい」に関わる全ての方
*小さなお子様連れの方は他の参加者の方にご配慮の上、
ご参加下さいますようお願いいたします。

参加費:1人 500円 小学生以上
*当日現金でお支払い下さい。

お申込み方法:
下記お申込みフォームよりお申込み下さい。
お申込みフォーム ⇒https://goo.gl/Nsbxzz

***** 内 容 *******

今、小学生全体で6%以上の発達障がい傾向の
児童がいると推定されています。特徴は100人100通りで、
「助けたくてもどうしてよいか分からない」と困惑する関係者達の声が
多数寄せられています。
ご家族や教育現場では勿論のこと医療、福祉の分野でも、
その対応策に試行錯誤している
状況です。その理由の一つとして、発達障がいの概念の本質が各立場で
共有されておらず、混乱を招いていると考えられます。
今こそ、私たち大人がそれぞれの立場や垣根を超えて問題を提起し、
社会全体で考えていくべきです。
今回私たちは、発達障がいについての新しい価値観を提案します。
私たちと一緒に、次世代に向けた新しい概念を創りましょう!
沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

*親子基調講演
イイトコサガシ代表 冠地 情 母親 冠地俊子
14787484_1168566849902986_168037155_o

14796191_1168566963236308_1319711005_o

 

 

 

 

 

【タイムスケジュール】

13:30 開会挨拶

13:40~ 親子講演(80分)

「発達障害本人がライフステージで困ったこと」
イイトコサガシ代表 冠地 情

「発達障害の息子を育てた私の視点」
冠地情の母親 冠地 俊子

15:00~ 休憩(10分)

15:10~ (30分)
「福祉・教育の現場から発達障害をとらえる」
フォレスト放課後デイ代表 撹上 雅彦 (発達障害教育者)

15:40~ (30分)
「発達障害という傾向」
ぐんまHHC代表 関根 沙耶花 (医師)

16:10~ (20分)
トーク×トーク 「発達障がいについてみんなで考える」
*演者4人のトークタイム

16:30 終演予定

**** 演者プロフィール *****

【冠地 情 かんち じょう】
2009年、大人の発達障害当事者会「イイトコサガシ」を立ち上げ、
いいところを探し、互いに応援しあうワークショップ&講演会を43都道府県で
1000回以上開催。これまでに100,000人以上が参加。また全国の発達障害支援
センターや当事者の会等でも講師を務め、「不登校・ひきこもり・いじめ・
発達障害の四冠王」と自身の経験を語る。
合言葉は「試した時点で大成功!」。彼の独特な発信力は同じ悩みを持つ
若者たちの共感を得ている。
NHK「ハートネットTV」 Eテレ「バリバラ」に出演。

【冠地 俊子 かんち としこ 】
イイトコサガシ代表 冠地情の母親。
1988年に息子、情を含む表現グループ「じかんどうろぼう」
を立ち上げる。その後、「HIV-メモリアルキルトin東京」に
前夜祭に出演、数々のワークショップを企画開催。
東京都下谷精神保健福祉センターの家族研修の講師を務める。
息子である冠地情との親子講演会は、2015年度田口教育研究所の
ベストセミナーに選出実績あり。

【撹上 雅彦 かくあげ まさひこ】
群馬大学教育学部障害児教育専攻卒 特別支援学校一種教員免許
小学校一種教員免許 合同会社フォレスト補佐
大学を卒業後、予備校の副学院長を経て学習塾を経営。
生まれてきた息子が「自閉症スペクトラム」診断を受けた事を機に、
学習塾を閉鎖し障害児教育の道に戻る事を決意。
昨年春、前橋市に発達障害に特化した放課後等デイサービス「フォレスト」を開所し、
今年には、高崎市にも2事業所開所。日々発達障害を持った子供達と接する中、
発達障害に対する既存の考え方に違和感を覚え、新たなる価値観の創造を試みている。
「かく先生」の愛称で、大人気のブログは「フォレスト放課後デイ」で検索。

【関根 沙耶花 せきね さやか】
医学博士 サヤカ・クリニック院長 ぐんまHHC代表
自治医科大学地域医療学大学院卒 弘前大学医学部卒。
小さい頃から薬草に興味を持ち、高校生の時に医者となることを決意。
自治医科大学で、総合医の研修を積む。
10年間病院勤務を続ける中で、現代医療の「対症療法」に限界を覚える。
ドイツ・バイオレゾナンス医学、東洋医学、植物療法を学び実践する中で、
「人は治るようにできている。」と気づく。2014年病院勤務に終止符を打ち、
地元群馬で「サカヤ・クリニック」を開業。
2016年「自立した健康」を学ぶための
NPO法人「ぐんまHHC(Holistic Health College)」を設立。
(承認申請中)現在は、総合診療医として、身体、心、魂の全人的ケアに力を
注いでいる。

*********************
主 催:合同会社 フォレスト http://forestkids.jimdo.com/
連絡先:(フォレスト放課後学童デイ高崎北)
〒370₋0803 高崎市大橋町104 1F 電話:027-381-5191

共 催:NPO法人(承認申請中)ぐんまHolistic Health College
http://cocoro-co.sakura.ne.jp/wp/
後 援:群馬県教育委員会
協 賛:サヤカ・クリニック、サンダーバード(株)
一般社団法人ロカーレ、脳科学学習塾RUKUTO伊勢崎校 他

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ぐんまHolistic Health College All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.